理想に近づくための施術【ヒアルロン酸で肌を調整】

美容外科でできるプチ整形

顔を触る女性

安全性の高い注射

美容整形で鼻を高くしたり鼻筋を通したりするには、プロテーゼと呼ばれる固形物を挿入する手術が一般的です。ただし手術には傷跡が残ったり、感染症が起きたりするリスクがあります。またプロテーゼは人体に害はないといっても異物なので、下手な手術をすると皮膚を破って飛び出してくるケースもあります。このようなリスクのないプチ整形として、ヒアルロン酸を注入する方法に人気があります。ヒアルロン酸は人間の体内にもともと含まれている物質で、関節の働きを助けたり、皮膚の潤いを保ったりしています。サプリメントなどにも多用されており、もちろん注入しても無害です。タンパク質を含まないので、アレルギー反応を起こすこともありません。最近では動物由来でないヒアルロン酸が大量に生産できるようになり、安全性も更に高くなっています。鼻へのヒアルロン酸注入は手術と違って、ダウンタイムがほとんどなく、メイクも施術当日からできるのが特徴です。またドクターの技術力次第で、微調整ができるというメリットもあります。鼻の形は千差万別で、高くしたい部分も人それぞれです。ヒアルロン酸は必要な部分だけに注入して、自分の理想のラインに近づけることができます。

注入する部位で使い分ける

現在では注入用のヒアルロン酸にも何種類かの製品が発売されていて、クリニックによって採用している製品に違いがあります。費用が安すぎるクリニックは、正式に承認されていないヒアルロン酸を使用している可能性があるので注意が必要です。ヒアルロン酸はシワの治療などにも用いられますが、注入する部分によって使い分ける必要があります。頬に注入するような柔らかいものを鼻に注入すると、高くならずに横へ広がってしまうことがあります。鼻に注入するには密度が高く、硬めのヒアルロン酸を使用します。こうすることで十分な高さを出し、効果を長続きさせることができます。ヒアルロン酸は徐々に体内へ吸収されていくため、効果は1年ほどで失われるとされています。しかし最近では、吸収が遅く長持ちするヒアルロン酸も開発されています。プロテーゼを入れる場合にも言えることですが、無理に鼻を高くしすぎないことは大切です。ヒアルロン酸自体に害はありませんが、海外では注入しすぎたために周囲の血管を圧迫し、壊死を起こしたケースが報告されています。デザインについて施術前にしっかり打ち合わせておくことや、正規の講習を受けた医師に施術してもらうことが大切です。

医学的治療で若返る

先生

顔にできている小ジワが気になっているけれど、皮膚を切除する手術を受けるほどではないという場合は、美容外科クリニックでヒアルロン酸注射を打ってもらうのが得策です。比較的安い料金で簡単にシワを消すことができるため、多くの人がヒアルロン酸注射を利用しています。

もっと見る

負担の少ない美容整形

カウンセリング

ヒアルロン酸は体内に存在する成分であり、肌の保湿や弾力を担っています。しかし、年齢的に減少してしまうため、老化が目立ち始めてしまうのです。美容外科ではヒアルロン酸を補う施術が積極的に行われ、体の部分的な形を変えていく施術も人気があります。

もっと見る

メリットとデメリット

ドクター

美容整形で頻繁に使われる成分にヒアルロン酸があります。これは保水性が高く、副作用もないのであらゆる場面で利用されている成分でもあります。また永久的な効果はないですが、そこは工夫次第でメリットにもなります。

もっと見る

肌を守る成分

頬を触る婦人

ヒアルロン酸は、肌に保湿をもたらす重要な役目を持っています。年齢を重ねると保湿成分は自然と少なくなります。これを意図的に補充することで肌のバリア機能などを保ちつつ肌を保護してくれる役目を持っています。

もっと見る